2021/2/21  あたたかな冬の日

2021/2/21 くもり 長潮 12:00頃 19.5℃ 西南西の風 M港

 

日中は寒さが緩み、ポカポカ陽気。今年は暖かくなるのが早いような。

いつもの港へ行くと、冬の間は見られなかった小魚たちの姿があちこち、生き物の気配ムンムン!

 

係留してある船の下に小さな魚たちのグループが2集団くらい泳いでいる。

 


f:id:irodori89:20210508162754j:image

 

メジナの幼魚でした。

小さいうちはからだの色は、薄い緑色なのですね。

2021/1/28  夜の港

2021/1/28 晴れ 大潮 19:00頃 西の風 13.3℃ M港

これまでも何度か夜間採集を試みるも、特に収穫はなかった。

この日もあまり期待せずに行ってみる。

 

海面を覗くと、いつものように小さな生き物が縦横無尽に動き回っている。しばらくじっとしていると、明るいところに飛び込んできた魚がいた。

動きが俊敏だったが、網を上から振り下ろして素早くキャッチ!

 


f:id:irodori89:20210508161223j:image

ボラのようなシルエットだけど、からだの色が青みがかっていて、ちょっと違う。トウゴロウイワシの仲間?

4、5匹、一緒に高速で泳いでいました。


f:id:irodori89:20210508161652j:image

 

家に帰ると、夫が釣ったハガツオを捌いておいてくれた。身は柔らかく、脂があってとても美味しかった。

 

 

2021/1/9 強烈な寒波がやって来た

2021/1/9 くもり 若潮 15:00頃 東南東の風 9.1℃ M港

 

年に何度か強烈な大寒波がやって来ます。


f:id:irodori89:20210215112628j:image
f:id:irodori89:20210215112643j:image

私が住む地域は島のなかでも比較的温暖ですが、地域によっては里でも雪が積もることがあります。大寒波がきた後は、山も雪化粧されて景色が一変します。めちゃくちゃ寒いけど、ピンと張りつめたような空気も気持ちがいい。

 

今日こそなにかいるのではないかとうきうきしながら港へ行ってみる。

港の角には細かい漂流物に混ざって、クラゲがいっぱい!!

じーっと観察していると、何となく動いているような黒い物体。念のため

掬ってみる。


f:id:irodori89:20210215113500j:image

ホウボウ!!1.2cm位。

網の中では魚とは分からず、黒いごつごつした形状に、虫の死骸と思った。


f:id:irodori89:20210215113629j:image

頭でっかち!

 

さらに、


f:id:irodori89:20210215113800j:image

カワハギの仲間。8mm位。

メタリックなおとぼけ顔。

 

さらにさらに、


f:id:irodori89:20210215114001j:image

カサゴの仲間ですよね??1.8cm位


f:id:irodori89:20210215114122j:image

ヒラヒラ。


f:id:irodori89:20210215114223j:image

大きな黄色い胸びれが特徴的。

水汲みバケツの中で上に向かって泳いだ時の姿は、クラゲのようだった。

 

車で1分の港で、こんな素晴らしい生き物に出会えるなんて。屋久島ってすごいなあ。海ってすごいなあ。

2021/1/1 元旦は毎年いい天気

2021/1/1 晴れ 中潮 10:00頃 北東の風 12.2℃ M港

毎年年末は寒波がやって来ますよね。で、元旦は穏やかに晴れてポカポカ。

さっそく港へ行ってみる。


f:id:irodori89:20210215112206j:image

カゴカキダイ。港の角のハシゴに付いていた。

1.2cm位。

久しぶりの魚との対面、

年明けから嬉しい気持ちになった。

2020/12/19 寒波の後

2020/12/19 晴れ 中潮 22:30頃 北北西の風 10.3℃ M港

 

冷たい風が吹き荒れた後は海の水が入れ替わるとか。

信じて防寒して車に乗り込む。

 

港に着く。さすがに誰もいない。

水中を照らしてみると、あちこちに何かが浮いている。

透明なクラゲたち。

クシクラゲの仲間と思われるもの、ヨウラククラゲもいた。

他にもいっぱい小さいな生き物が水中を漂っているが、小さいし、動きも早いし、よく分からない。

クラゲたちはどうしてもうまく写真に納めることができなかった。

透明な被写体を撮るってどうしたらいいのでしょうか。コンデジではやっぱり無理かな?

収穫はなかったものの、冬の海を体験できて楽しい時間だった。

 

2020/12/13 魚に会えない日が続く

昼間に港へ行ってみるも、やっぱり気配がない。

寒い時期はこんなもんなのでしょうか。

先週は、県道を車で走っていたところ、大きな網を持って草の茂みを掻き分け覗きこむ女子を発見。虫を採集している様子。

分野は違えど、勝手な親近感が湧いてくる。どこのどなたか知りませんが、心のなかで「共にがんばろー!」とエールを送った。


f:id:irodori89:20210215110554j:image

何の収穫もないまましょんぼり帰る途中、トカラ列島がキレイに見えた。冬は空気が澄むのか、周辺の島々がよく見えるようになります。

 

2020/12/3 冬になった

2020/12/3 晴れ 中潮 19:00頃 東北東の風 17.5℃ M港

12月に入り、やっと冬らしくなった。

無人市に並ぶ野菜も、青菜系やブロッコリー、里芋、大根、白菜等々、潤沢で助かる。

 

満潮にあわせて夜の港へ。

遠く堤防の先で釣りをしている人のヘッドランプが光っている。


f:id:irodori89:20210215105615j:image

海面に3匹一緒に浮かんでいた、ちびイカちゃん。

アオリイカの子どもでしょうか?



f:id:irodori89:20210215105807j:image

イカのフォルムは美しいですね。